鹿児島.mk #7 「GASのハンズオン」イベントレポ

この度、2月28日(金)に鹿児島.mkというコミュニティで「Google Apps Scriptのハンズオン」を開催しました。今回はそのイベントの成果報告について簡単に書きたいと思います。

1. 概要

先にも述べたように2月28日(金)に「Google Apps Scriptのハンズオン」を開催しました。GMOペパボエンジニアのはやぴたちの協力のもと、GMOペパボ鹿児島オフィスで開催しました。

今回は、Google Apps Scriptのハンズオンということで、実際に手を動かしながら動くものを作る体験ワークを行いました。

Google Apps Scriptとは

Googleが提供しているJavaScriptをベースにするプログラミング言語です。ブラウザ上で実行でき、GoogleスプレッドシートやGoogleフォームと連携することで、特定の条件で自動的に処理(スプレッドシートに更新があったら通知、フォームに入力があれば自動でLINEを送る等)を実行することができます。

個人的には、プログラミングに何となく興味がある人にはPHPやRailsを勉強してよくわからないまま実用性のないアプリを作るよりは、Google Apps Script等で日常の困り事を解決できるようになる方が有益なのではないかと思っています!笑

例によって、イベントページを貼っておきますので、興味のある人はご覧ください。

スポンサーリンク

2. イベントの成果報告

イベント当日

鹿児島.mk#7

今回も様々なバックグラウンドを持った人が集まってくださり、ざっくりと紹介すると

  • 専門学校で講師をしているエンジニア
  • プログラミングに興味のある大学生、大学院生
  • エンジニアに転職したい社会人

と言った方々がいらっしゃいました。

今回はGoogle Apps Script(以下、GAS)レベルに応じて参加枠を3つに分けて募集したのですが、10名もの方々が集まってくださいました!

鹿児島.mkの紹介中

メインとなるGASの体験ワークでは、Googleフォームに送信されたデータをSlackに通知するアプリ(こちらのフォームから送信すると添付画像のような通知がSlackに送られます)を作りました。

鹿児島.mk_サンプルフォーム

GASの体験ワークで製作したアプリ

その後は、GoogleスプレッドシートとGASを連携して、簡易DBとWeb APIの作成スクレイピング及びスプレッドシートへの書き込みといったマニアックな操作を一緒に行いました。(※ スクレイピングは自作のサービスを対象に行っています)

思った以上に参加者の飲み込みが良かったため、予定していたカリキュラムが早めに終わり、参加者間でコミュニケーションが取れるもくもく会の時間としました。

鹿児島.mk_GASのハンズオン

実際にどのようなワークを行ったかについてはQiitaに記事とサンプルコードをまとめていますので、よろしければご覧ください。

また、今回紹介しきれなかったGASの機能はこういった書籍でも学習できます!

懇親会

今回は特に懇親会は行いませんでした。

次回以降は新型コロナウイルスの影響を見て、判断したいと思います。

参加者の声

今回もTwitterの「#鹿児島mk」タグのツイートを抜粋させていただきました。まだつぶやいていない方はぜひ「#鹿児島mk」タグでツイートお願いします!

3. 鹿児島.mkの今後の展望

最後になりますが、今後の鹿児島.mkでは
初見さんでも入りやすく、参加感のあるエンジニアコミュニティ
をモットーに

1. もくもく会やハンズオン等のエンジニア系イベントの企画・運用
2. Slack(チャットグループ)の運用

を進めていきます。興味がある人はこちらよりご参加ください!

やりたいと思っているイベント(詳細は未定です)

  • ハッカソン
  • Flutterハンズオン
  • チャットbotの作成
  • 機械学習のハンズオン
  • リーダブルコード読書会

今後もこのブログでは、鹿児島.mkの活動ログや地方エンジニアのキャリアハックといった話題について書いていこうと思います。

この記事がいいと思ったら、SNSへのシェア、YouTubeのチャンネル登録Twitterのフォローをよろしくお願いします!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

前回の鹿児島.mkの成果